• vfsonoda

熊本の相続対策は何が大切?押さえておきたいポイントを解説



相続は誰にでも起こる可能性がある一方で、どのような対策が重要となるかは、人によってさまざまです。ここでは、特に熊本で相続対策をおこなう場合に、どのような点を押さえるべきかについてわかりやすく解説しています。


相続で大切な3つの対策

相続では、以下に挙げる3つの対策が重要となります。いずれの問題も重要ですが、解決にどの程度時間がかかるかは、個々のケースによってことなります。


節税対策

相続が発生した場合、まず確認しておきたいのは「相続税の課税対象となるか」についてです。基礎控除額の範囲内であれば非課税となりますが、控除額を上回る場合には、相続税を可能な限り小さくする節税対策を取る必要があるでしょう。

相続には、現金や預金だけではなく、不動産や骨とう品なども含まれます。こうした資産の評価額によっては、基礎控除を超えて多額の相続税が発生する場合もあるのです。


納税対策

相続税が発生した場合、故人が亡くなってから10か月以内には相続税を申告し、納税しなければなりません。

納税できる現金が残っている状態であれば特に問題はないでしょう。しかし、不動産など売却して現金化しなければ相続税を支払えない、という場合には、売却できるまで納税できなくなってしまいます。


都心から離れた場所にある広大な土地の場合、売り先が見つけにくいケースも少なくありません。兄弟間での財産分与が決まらない場合なども、納付期限に間に合わない原因となりやすいのです。


トラブル対策

相続税の節税や納税を決めるにも、家族間で揉めていないことが前提となります。現金預金以外の資産を売却するにも、財産分与について相続人全員が納得していなければ、売却を進めることもできなくなってしまいます。

期限までに手続きを済ませようと強引に決めてしまったばかりに、相続争いやトラブルが長引く原因となるケースは少なくないのです。



相続対策に必要なおすすめの対処法は?

節税やトラブル回避といった相続対策を取りつつ、期限内に納税を済ませるためには、以下のような対処法を取るとスムーズです。


熊本の相続対策に強い税理士へ相談する

相続対策を取るにしても、家族間だけだとまとまらず、話し合いができずに関係が悪化してしまう可能性もあります。不動産の売却についても、熊本の地理や過去の相続実績などがわからない場合、評価額がいくらになるのかもわからず、不安だけが大きくなってしまうケースもあるでしょう。

こうした問題を解決するためには、相続が発生した早い段階で相続税の取り扱いに強い税理士へ相談しましょう。

税理士事務所にはそれぞれ得意分野があり、知名度の高い税理士事務所であっても、相続対策については充分な知識を持たないところもあります。相続対策の取り扱い実績があり、無料相談などに対応している税理士事務所を見つけることが大切です。


家族信託を利用する

相続が発生する前段階の相続対策として、家族信託を利用することも検討しましょう。相続対策に強い税理士事務所なら、家族信託についての詳しい知識も持っています。故人を見送るために必要な費用や手続きにくわえ、故人や配偶者が認知症となってしまえば、相続対策を進めるのはより困難となります。

相続が起こってから慌てるよりも、できるだけ早い段階で家族信託の手続きを進めることで、何かあった場合でもスムーズに相続対策を進めることができるでしょう。


熊本家族信託・認知症相談室では、「家族信託についてよくわからない」「自分のケースでも利用できるのか知りたい」といった場合でも、丁寧に対応させていただきます。無料相談は全国から受け付けていますので、相続に対する心配や家族信託について知りたい際はお気軽にお問合せください。